法律相談24時間受付無料 0120-631-276 まずは弁護士との相談予約のお電話を

弁護士による刑事事件の弁護活動

お悩み解決プラン

横浜の刑事事件別の弁護プラン

性・風俗犯罪の法律相談

交通事故の法律相談

薬物に関する犯罪の相談

財産に関する犯罪の相談

暴力に関する犯罪の相談

少年事件の法律相談

その他お役立ち情報

刑事手続きQ&A

事務所情報

--------------

横浜支部 刑事事件別の弁護プラン 性・風俗犯罪

このページはこのような方を対象としています。

  • 当店は京浜急行線浦賀駅と三崎口駅を拠点としてデリヘリをしています。本番有ですが、昨日、デリヘル嬢が横須賀市浦賀にある浦賀警察署で事情を聴かれて、全て話をしたそうです。今後、私は逮捕されるのか、どれくらいの刑になるのか心配です。
  • JR京浜東北線鶴見駅近くで売春宿を経営しています。表向きはマッサージ店ですが、先日、横浜市鶴見区鶴見中央にある鶴見警察署の警察が店を捜索して、働いていた女性2人と客を連行していきました。店長も逮捕されましたが、私はどうすればよいか困っています。
  • 相鉄線二俣川駅で掲示板で知り合った女性と待ち合わせ、横浜市旭区本村町にあるホテルで性行為をしました。1回2万円でしたが、掲示板に勧誘文を書いてしまったんで、売春防止法に違反しないか心配です。旭警察署に自首しようと思っていますがどうしたらよいでしょうか。

横浜・神奈川でご家族が売春防止法違反の容疑で逮捕されても、即対応で安心。
前科阻止・早期の釈放・被害者対応まで任せられる、アトム横浜の弁護活動です。

夫/息子が売春防止法違反の容疑で中原警察に逮捕されました。
容疑は、売春のあっせん業を行っていたというものです。
逮捕は昨夜0時ころで、明日は検察庁に行くそうです。
どうしたらいいでしょうか。

Q.どういうことをしたら売春防止法違反で捕まるのですか?

売春自体に罰則は科されません。売春の勧誘・客引き行為、売春のあっせん、売春をさせる契約、売春場所の提供などが処罰の対象となっています。

今回のご相談のケースでは、売春のあっせんの罪(6条)に当たる他、場所の提供を行っている場合には11条違反の可能性もあります。売春婦に売春を強要していたような場合には、さらに他の条文にも違反する可能性があります。
条文によっては、非常に重い刑罰が用意されています。事件化した場合には、早い段階で弁護士に相談し、慎重な対応が求められます。

  • 売春の勧誘等(5条)…6月以下の懲役又は1万円以下の罰金
  • 売春のあっせん(6条)…2年以下の懲役又は5万円以下の罰金
  • 場所の提供(11条)…3年以下の懲役又は10万円以下の罰金
    ※業として行う場合…7年以下の懲役及び30万円以下の罰金
  • 売春をさせる契約(10条)…10年以下の懲役及び30万円以下の罰金
  • 売春をさせる業(12条、自己の占有・管理・指定する場所に居住させ、売春させることを業とすること)…10年以下の懲役及び30万円以下の罰金
横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。
Q.秦野警察に売春防止法違反で逮捕された夫/息子を早く留置場から出すためにはどうしたらいいですか?

神奈川の刑事事件で警察に逮捕された被疑者は、逮捕の翌日か翌々日に横浜地検などの検察庁に連れて行かれ、釈放の有無が検討されます。検察官と裁判官に「釈放すべきでない」と判断されると、勾留を請求された日から10~20日間、留置場で生活しなければなりません。

秦野警察に売春防止法違反の容疑で逮捕されたご主人/ご子息を1日も早く秦野警察署の留置場から出すためには、まず経験豊富な弁護士を選任することが大切です。
アトム横浜の弁護士を選任すれば、検察官や裁判官に勾留をしないように求める意見書を提出し、仮に間違って勾留が決定された場合でも、準抗告という不服申し立ての手続きにより、その取り消しを求める活動をすることができます。

横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。
Q.葉山警察に売春防止法違反で逮捕された夫/息子に前科をつけないためにはどうしたらいいですか?

神奈川の刑事事件で警察から犯罪の容疑をかけられているにも関わらず、ご相談者様に前科をつけないためには、検察官から不起訴処分を獲得するのが第一の方法です。
売春防止法においては、売買春の行為それ自体は処罰の対象になりません。したがって、売買春を行った本人が、葉山警察から取り調べを受けたとしても、それはあくまで「参考人」としての取り調べで、前科がつくことはありません(もっとも、買春の相手方が児童だった場合は、別途、児童買春禁止法により処罰されます)。
売春防止法において処罰されるのは、売春の周旋を行う行為、売春の場所を提供する行為、売春を誘う行為など、売春を助長する行為です。これらの容疑で葉山警察から取り調べを受けている場合は、ご相談者様は「被疑者」として取り調べを受けているということなので、前科をつけないためには、最終的に検察官から不起訴処分を獲得する必要があります。
売春の「周旋」や「場所の提供」の容疑の場合、主犯格として事件に関わっていたならば、事件の規模にもよりますが、起訴猶予による不起訴処分を獲得するのは困難です。もっとも、事件には関わっていたが、共犯者間での地位や関与の程度が弱かった場合は、アトム横浜の弁護活動によりご相談者様に有利な情状を主張し、起訴猶予による不起訴処分を獲得できるケースがあります。
また、ご相談者様が実際には本件売春に関与していなかったにも関わらず、関係者の供述などから売春防止法違反の容疑をかけられてしまった場合は、アトム横浜の弁護士を通じてご相談者様の無実を裏付ける物証や状況証拠が存在することを主張し、不起訴処分を求めていくことになります。

Q.平塚警察に売春防止法違反で逮捕された夫/息子を刑務所に入れないためにはどうしたらいいですか?

神奈川の刑事事件の裁判で検察官から懲役刑を求刑されているにも関わらず、刑務所に入らないためには、裁判官から執行猶予付きの判決を獲得する必要があります。
神奈川の刑事事件の裁判で執行猶予付きの判決を獲得するためには、弁護士を通じてご相談者様に有利な証拠を提出し、裁判官の心証を良くすることが大切です。
神奈川の売春防止法違反の事件の場合は、アトム横浜の弁護士のアドバイスに基づき、事業環境を改善することで、二度と売春には関与しないという強い決意と更生の意欲を「見える化」し、裁判官の心証を良くすることができます。
他方で、ご相談者様が売春の周旋などをしていないにもかかわらず売春防止法違反の容疑で起訴されてしまった場合は、アトム横浜の弁護士を通じて無罪を主張し、検察側の証拠を争うことで、無罪判決を獲得していくことになります。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

お客様の感謝の声はこちらをクリック。アトム法律事務所は1人1人のお客様を大切にしています。 横浜・川崎で刑事事件に強い弁護士をお探しなら 刑事弁護ホットライン 0120-631-276 法律相談のご予約は日本全国24時間受付無料 すぐに弁護士が警察署に向かいます。まずはお電話ください。 親身で頼りになる刑事弁護士とすぐに相談できます。